みんなのPython勉強会発表資料

Pythonの良さをみなさんに知ってもらえるよう、勉強会を開催しています。その発表資料です。


使い方

スライドはPDFで無い場合は、IPython notebookの機能を使って作られています。
スライドを表示したら、画面右下の十字キーに注目してください。十字キーが青色になっている方向に進めます。基本は、右方向です。下方向が出てきた場合は、下に進んでください。行き止まりになったら、再び右に進みます。Escキーを押すと、スライドの全体像が見られます。
スライドが画面に収まっていない場合、マウスのスクロール操作で画面を移動できます。


第29回 データサイエンスとPythonの役割

データサイエンスってなんだろう?という話から、汎用言語のPythonでデータサイエンスをやる意味、さらにデータ解析における再現性の重要さについて話しました。


第26回 JavaScriptってなに?

この回はJavaScript特集だったので、イントロのお話をしました。


第23回 春なのでPythonなどいかがでしょうか?

プログラミングは目的があると上達が早いので、Pythonの基本的な内容からはじめて、Excel、PowerPoint、PDFといった日常業務で使いそうなファイルをPythonで作るやり方をまとめてみました。Pythonプログラミングはじめの1歩の一助になれば幸いです。


第21回 Python3の進化について

Python3の進化に焦点をあてて、いくつかのモジュールについて紹介しました。是非、Python3を使ってください。


第20回 Pythonの組み込み関数をもっと知ろう!

組み込み関数に焦点をあてて、よく使うモノから、便利なモノまでいくつか選んで紹介しました。最後は素数を判定する1行コードも。


第19回 シェルでコンピュータを操ろう!

いまやWindowsでも動くようになったbashの基本について話しました。シェルは古くからあるので、ベテランは人によって使い方が違いますが、もしbashに詳しくなかったら、最初の1歩としては、よい資料になっているかなと思います。


第18回 ODSC West参加報告 〜シリコンバレーに行ってきました〜

オープンソースを使ったデータサイエンスのための世界的な集まりDSCに参加してきたので、そのご報告です。


第16回 Pythonの何がそんなにいいのか、まとめてみた

この勉強会の原点に立ち返り、なぜPythonがいいのか?また、なぜすべての人がプログラミングをするべきなのかについて、話してみました。


第15回 計算幾何学ってなに?

なぜかPython勉強会で、計算幾何学の話をしました。実は、学生時代の専門だったりするので、ちょっと懐かしい話題です。


第14回 いま、ふたたびのWeb入門

Webを構成する技術に関して、超基本的な話をしました。


第13回 scikit-learnで知る機械学習の全体像

データ解析するならPython、機械学習するならscikit-learn。Exampleからおすすめのページを紹介しました。


第12回 Pythonで見る関数型言語の考え方

純粋関数型言語に学んで、よいプログラムを書こうという話にしたつもりです。


第11回 春からはじめるPython環境の作り方

Python環境構築にcondaが大いに役立つというお話です。


第10回 データサイエンスにおけるPythonの存在感

データサイエンスの領域でよく使われるツールについて手短ですが話しました。


第9回 Pythonで学ぶ統計学の基礎

統計学の基礎を理解するのに役立つPythonのコードを紹介します。


第8回 MQTTで亀を操る

ソースコードとプレゼン資料をGitHubにアップロードしてあります。


第7回 いま再びのPython入門

6回までの勉強会での内容を総まとめにし、7回のテーマであるWebの話も少ししました。


第6回 30分で理解する!機械学習アルゴリズムの全体象全体像

機械学習アルゴリズムについて、おおまかな概要を、scikit-learnのコードサンプルを中心にまとめたスライドです。


第5回 pandasを使いたおす

Pythonにおける数値計算の基本ライブラリである、pandasを30分で解説したスライドです。


4回以前はconnpassのサイトでご覧になれます。