増補改訂版を読まれている方へ

Pythonスタートブック(増補改訂版)をご愛読いただきありがとうございます。このページでは、書籍の中でわかりにくい箇所などを中心に、理解を助ける情報を提供していく予定です。

サンプルデータと正誤表

技術評論社のWebページ も参考にしてください。

最後のページでご確認ください

本の最後のページ(奥付)で、「第2版 第○刷」となっている部分で、まず刷数をご確認ください。以下の情報のなかで記述の修正に関するものは、刷数によっては取り込まれている箇所もあります。その場合は刷数を追記しています。

ご利用のOSに依存しない内容

P24 Pythonコマンド(第2刷以降では修正されています)

pythonを起動するところの「注意」が曖昧な記述になっています。すみません。以下のような内容が正しいです。

「注意」Python3.xが起動していることを確認してください。macOSではpython2.xが起動してしまうことがありますので、その場合はコマンドを「Python3」としてください。

macOSでも、AnacondaでPythonの環境をインストールした場合は、pythonコマンドでpython3.xが起動するはずですので、もし起動しない場合は、インストールのし直しなどを試してみても良いかもしれません。

P337 PyPI(第2刷以降では修正されています)

the Python Package IndexのURLが、https://pypi.org/ へ変更になっています。

macOSをご利用の方へ

macOSには、pythonコマンドで起動するpython2.xが最初からインストールされているため、Python3.xをインストールして、初めて起動する場合は、上記の注意をご確認ください。

Windows環境をご利用の方へ

増補改訂版では、Python3.6を利用しています。Python3.5と3.6で、Windows環境において、標準入出力での文字列のエンコードの扱いが変わっていることもあり、3.6以上のバージョンを利用しないと、日本語を扱う箇所で不具合がでる可能性があります。出来るだけ3.6以上のバージョンを使うようにして下さい。

P260 PowerShellを使っている場合(第2刷以降では修正されています)

260ページでの一番下でWindowsの場合となっている部分は、PowerShellを使っている場合は

> .\my_first_cgi.py

とする必要があります。

P293 Pythonのインストール(第2刷以降では追記が完了しています)

キャプチャ画面のようにトップページにあるPython3.xへのリンクをクリックすると、Windowsでは32ビット版がダウンロードされます。そのままでも問題ありませんが、64ビット版を利用したい場合は、「Looking for Python with a different OS? Python for Windows…」と書かれているところのWindowsのリンクへ進み、ページの下の方のリストから、「Windows x86-64 executable installer」をダウンロードしてください。2刷以降では、「補足」に以下を追記します。

64ビット版を利用したい場合は、リンク先のリストから、Python3.x系の「Windows x86-64 executable installer」を選んでダウンロードしてください。